海水魚

【カワハギ】その魚名を考える

画像:WEB魚図鑑より(きくやの常連さん撮影)

寄せられた地方名

青森県 チュッチュ・チェッチェ
 外ヶ浜町 チュッチュ・バクチ
千葉県 ゲバチ
神奈川県
 三浦市城ヶ島 ゲバチロ
石川県
 七尾市 カワムキ
愛知県
 西三河地方 マルギマ
三重県
 南伊勢町・尾鷲市 ハゲ、熊野市 チュッチュハゲ
大阪府 ハゲ・マルハゲ
 泉州南部 コウベ
和歌山県  マルハゲ
 和歌山市 ハゲ・マルハゲ
兵庫県
 神戸市・明石市 ハゲ・マルハゲ
岡山県  マルハギ・マルハゲ・ツノギ
広島県 ハゲ
島根県 角ハゲ・角メンポー・メイボ
 島根半島 デンボ
山口県 カクメンボ・角メンポー・メイボ・メンボウ
 中部~東部 モチメイボ、下関市 メンボ
香川県
 坂出市 バクチウチ
徳島県
 鳴門市 マルハゲ
高知県 ハゲ・マルハゲ
愛媛県
 東予地域 ハゲ・マルハゲ
福岡県
 糸島市 ムキ
長崎県
 南島原市 コムギ、五島列島 ゴベ
大分県 ハゲ・マルハゲ
熊本県
 天草 コベ、水俣市 ハギ
宮崎県 キンツ
沖縄県 カーハジャー

地方名の分類

標準和名である「カワハギ」は、「皮を剥いで食べる魚」或いは「皮が剥ぎやすい魚」ということに由来していることは明確です。ほとんどの地方名がこの特徴に基づいて名付けられており、そこに多少のバリエーションがあり(A類)、さらにウマヅラとの区別のために細分化されています。

A類
1. ハギ:「皮」の省略・・・岡山・熊本

ハギ・マルハギ

2.ハゲ: 「ハゲ」の変化・・・三重・大阪・和歌山・兵庫・岡山・広島・島根・徳島・高知・愛媛・大分

ハゲ・マルハゲ・角ハゲ

3.ムキ系:「剥ぎ」→「剥き」・・・石川・福岡

ムキ・カワムキ

4.単なる訛り・・・沖縄

カーハジャー(カワ→カー+ハギ→ハジ+er)

5.身ぐるみ剥がされる系・・・青森・香川

バクチ・バクチウチ

その独特の口の形に注目した地方名も散見されました(B類)。おちょぼ口と見るか、出っ歯と見るかに分かれます。

B類
1.おちょぼ口系・・・青森・三重

チュッチュ・チェッチェ・チュッチュハゲ

2.出っ歯系・・・千葉・神奈川

ゲバチ・ゲバチロ

※「神奈川県三浦市の城ヶ島ではゲバチロと呼んでます 昔、おじいさんに、出っ歯で歯が白いからゲバチロと聞いた事があります」:城ヶ島さんご荘氏コメントより。

島根・山口に限って、「メンボ」およびそれに似た響きの呼び名が存在しています(C類)。狭い範囲にも関わらずバラエティが多い感じがします。訛りの法則からすれば、原形は「メイボ」かも知れませんが、いずれにしても語源が不明です。

C類
メンボ系・・・島根・山口

メイボ・メンボ・メンボウ・デンボ・カクメンボ・角メンポー

「コウベ」系で括ることができそうな呼び名があります(D類)。「首(こうべ)」つまり、頭の割合が高いことに由来しているのか、地名としての「神戸」に由来しているのか。分布にも法則がなく、不思議な感じです。

D類
コウベ系・・・大阪・長崎・熊本

コウベ・コベ・ゴベ

その他

愛知県の「マルギマ」は、ギマとの区別名です。ギマがよく釣れる土地柄を示していますね。

長崎の「コムギ」はA3類の範疇に入るのかも知れませんが、「一説には、昔、骨が少なく子供達が食べ易いと言う事から「子供向き」→「子向き」→「コムギ」」というお話もあるようです。

宮崎の「キンツ」は、まったくのナゾですね。

※松浦 正氏コメントより。

コメントしていただいた方々(Facebookにおける登録名そのまま、順不同)
松岡 豊さま、鳥井姫乃さま、中田康彦さま、橋本 匠さま、和田 俊章さま、寺井祐二さま、嶋田 春幸さま、的場卓也さま、清田 衛さま、甲斐 達也さま、森山 達也さま、太一 ジグさま、Taro Washidaさま、仲 卓哉さま、木村 秀喜さま、中島田正希さま、辻岡 拓郎さま、毛利 有伸さま、相田 誠さま、坂本 和広さま、上野 直樹さま、大澤風季さま、中尾 史仁さま、深田吉宜さま、島 興美さま、末廣 孝一さま、又吉勲さま、遠藤 克彦さま、田中圭さま、小川寿久さま、南達則さま、風間 忠さま、松浦 正さま、鳥居 亮一さま、城ヶ島さんご荘さま、木塚昌史さま、佐藤幹夫さま、高月 陽生さま、喜多川 昭博さま、落合 泰樹さま、後藤 一徳さま、茂呂居 諭さま、重光陽一郎さま、元谷 寿さま

投稿者 土岐耕司

原文作成日 2021年9月25日

※このページの情報は、Facebookグループ『WEB魚図鑑の部屋』に寄せられたコメントを基にまとめたものです。

WEB魚図鑑 カワハギ
https://zukan.com/fish/internal116