淡水魚

【オイカワ】その魚名を考える


画像:WEB魚図鑑より(ウッキ-さん撮影)

寄せられた地方名

まずは、寄せられた地方名を提示いたします。似たようなものが多く、呼び名で分けると煩雑になりそうなので、地域ごとに機械的に並べてみました。

秋田県 ジンケン・ダイトウウオ
山形県 ヒコウキザッコ
福島県 浜通り ハヤ
栃木県 ガンガラ 北部 オシャラクタナゴ、壬生 ガンガラ
茨城県 ヤマベ 久慈川 ピンカリ
千葉県 ヤマベ
埼玉県 比企丘陵周辺 ハヤ・ヤマベ、さいたま市  ヤマベ
東京都 バカッハヤ・ヤマベ
神奈川県 ヤマベ
山梨県 国中地方 アカッパヤ
静岡県 オショウ
愛知県 シラハエ、アカモツ(婚姻色で赤くなったもの) 知多地方 オイカワ
長野県 小諸市周辺 ジンケン、更埴・千曲川周辺 ジンケン、中信地区・松本 オイカワ、天竜川 ガゴ
富山県 南砺市 オスはオンチョ、メスはメンチョ
岐阜県 下呂市(旧益田郡) オスはアカモト、メスはシロハエ
三重県  シラハエ・ハエ・ハヤ 津市 シラハエ
滋賀県 ハス
京都府  ハエ 大堰川上流  ハイジャコ
大阪府 オイカワ・ハイジャコ・ハエ・ハエジャコ・ハス 箕面 ハス、アカハラ(婚姻色で赤くなったオス)
奈良県 オイカワ
和歌山県 ハイジャコ・ハエジャコ 和歌山市 ハエ
兵庫県  ハス・ハヤ 佐用町 アカバエ・バコ
岡山県 北部 アカヘロ・ヘロ
広島県 福山市 ハヤ、県北 シラハヤ・ハエ・ハヤ
鳥取県 ハエ
山口県 ハエ・ハヤ
徳島県 山間部 ハィ・ハィンボ
高知県 高知市 ハエ・ハヤ、赤バエ・青バエ・アカバヤ(婚姻色)、西部 アカハヤ・カワライワシ・シロハヤ・ハヤ・ハヤンボ
愛媛県 松山辺り ショウハチ、新居浜市 ヤマベ
福岡県 ハエ
大分県 エノハ・ハエ・ヤマベ
熊本県 人吉  ハヤ、アサジ(婚姻色のオス)
宮崎県 ハエ・ハヤ
鹿児島県 ハエゴロ 旧薩摩郡 ハヤ、ハイゴロ(小さいもの)、アカモン(婚姻色)

傾向として

「ヤマベ」という呼び名が強いのが関東地方ですね。特に今回は東京都からのコメントがとても多かったのですが、そのほとんどが「ヤマベ」でした。関東での定着力が非常に強いものと言えます。

もっとも広く分布するのは「ハエ・ハヤ」系です。ただし、これらは他種との区別なく呼ばれている場合がほとんどであり、婚姻色の出たものについてもウグイとの区別がない地域があることは大いに考えられます。

国内移入と地方名

Wikipediaによると「琵琶湖産アユやゲンゴロウブナなど有用魚種に紛れて放流されることにより東北地方など各地に広がった。」とあります。移入の時期については描かれていませんでしたが(きちんと調べればわかるとは思いますが)、東北地方の地方名には手がかりが残されているような気がします。

秋田県の「ダイトウウオ」については、「秋田県のとある講演会で戦争中に増えたため「だいとううお」大東魚と呼ばれていると聞いた記憶があります。」というコメントがありました。このことからまず、秋田への移入は太平洋戦争前ということが想像されます。

また、「ジンケン」という呼び名が秋田や長野に残っており、これは「ジンケン=人絹=レーヨン」のことだそうです。日本国内での本格的レーヨン製造は1914年、以後第一次世界大戦終結までは、その需要の多さから業界が活況を呈していたそうです

『釣りキチ三平』の中でも「ジンケン」という呼び名が使われており、本サイトでもそれを記憶されている方が多かったのはさすがです。63巻に「ジンケンのゴロ寝釣りの巻」というのがあり、これ自体の発刊は1983年です。でも、作者・矢口高雄(1939年生まれ)の幼少期の思い出が反映されているとすれば、1940~50年代の秋田ではすでに「ジンケン」と呼ばれていたと考えることができます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%83%AF (2021/9/20閲覧)

藤原秀氏コメントより。

※「ジンケンと呼ぶのは長野だったと思います。人絹(確かレーヨン)の輝きに似ているのが由来だったような。ちなみに、帝人は帝国人絹の略で、レーヨンの製造で一世を風靡しました。」:関根 信太郎氏コメントより。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%B3 (2021/9/20閲覧)

https://kc.kodansha.co.jp/product?item=0000022832 (2021/9/20閲覧)

コメントしていただいた方々(Facebookにおける登録名そのまま、順不同)
田中圭さま、関根 信太郎さま、辻岡 拓郎さま、桑野 顕さま、三野 浩一さま、下山勉さま、Yoshiharu Kojimaさま、Hiroto Aiharaさま、佐伯 稔さま、松岡 豊さま、宮嵜 直樹さま、沖田宏之さま、池田洋二さま、Yoshinori Toyamaさま、内藤元生さま、竹川一也さま、澤村嗣生さま、大家 正寿さま、下原 誠明さま、川辺悟史さま、高橋 裕研さま、和田 俊章さま、Carp Tackyさま、川井 集平さま、Toshio Murakamiさま、Kazuhiro Kouyamaさま、藤本 直樹さま、山本 猛嗣さま、尾方 憲二さま、松田 隆さま、末廣 孝一さま、出口 修さま、河本 良太さま、的場卓也さま、柴崎潤一郎さま、坪内茂さま、中尾 史仁さま、黒木 康充さま、薩摩夢追人さま、加藤 進さま、かい まさおさま、若下藤雄さま、藤川 裕樹さま、内田一也さま、西 征一郎さま、深田吉宜さま、Nakajima Kentaさま、冨平純さま、内藤 牧さま、坂井 淳一さま、福井 丈さま、谷本頼保さま、宮嵜米夫さま、入江 融さま、鈴木 真也さま、齋藤 誠男さま、井口 之夫さま、小笠原 啓之さま、小林成人さま、米澤祥司さま、坂本 和広さま、依田 邦彦さま、畔脇 哲司さま、山崎 清実さま、立原 哲夫さま、藤原秀さま、間所 幸一さま、Issei Arayashikiさま、深谷 信之さま、藤代 裕一郎さま、阿部 重治さま、水國馬風さま、川窪隆さま、浅野潔さま、坂井 淳一さま、水野 尚之さま、兎川 誠さま

投稿者 土岐耕司

原文作成日 2021年9月20日

※このページの情報は、Facebookグループ『WEB魚図鑑の部屋』に寄せられたコメントを基にまとめたものです。

WEB魚図鑑 オイカワ
https://zukan.com/fish/internal7117